鍼治療

鍼治療

冷え症の鍼治療

ストレスを抱えてる方は頸、背腰部の凝りがあることが多いです。それぞれ自律神経が出ており、筋肉の収縮により血管を収縮させることがあります。はり施術により筋緊張を取り除き、冷えの改善を図ります。また、大腰筋の施術により内臓の血流改善や大きな筋肉の血流改善することにより、熱産生が期待できます。
鍼治療

頭痛の鍼治療

緊張性頭痛は身体的・精神的ストレスで後頚部や肩甲上部など継続的に筋肉を収縮させ、血流障害や神経痛を起こすことが原因と考えられます。ひらみ鍼灸院練馬ではマッサージでは施術できない部位へ鍼でアプローチ致します。パソコンやスマホなどお仕事や家事などで下向き作業が多いかたで、頭痛にお悩みの方は当院へお越し下さい。
鍼治療

不眠症の鍼治療

はり治療での適応は背中や頸が凝っていて精神不安になり、自律神経が乱れて眠れなくなる方が対象です。頸背部の筋緊張により自律神経節が刺激され、睡眠のリズムが乱れだします。施術により筋肉の血流を改善し、頚背部の筋緊張が緩和が期待できます。
鍼治療

股関節痛の鍼治療

股関節痛は立ち上がりや歩き始め、腰をかけたりするとに脚の付け根に痛みを感じます。その他に鼠径部、太もも、腰、お尻、膝などに痛みを感じる方もおられます。練馬区にて北京堂浅野式の鍼治療で施術致します。
鍼治療

顎関節症の鍼治療

顎関節症の症状は「あごが痛む」「口が開かない」「あごを動かすと音がする」です。あごを動かす筋肉の痛み、顎関節の痛みの治療を鍼施術致します。歯ぎしりや食いしばりストレスなど様々な原因が考えられますが、あごに関わる筋肉に対してアプローチ致します。また顎関節症の方は後頚部の凝りがある方も多く並行して治療をお勧めしています。
鍼治療

慢性疼痛の鍼治療

「痛みは人にとって耐えがたいものです。特に痛みが長時間続く場合は、お薬も効かないことが多く、どう対処すべきかとても困ります。そんなときに役に立つのが鍼灸治療です。鍼灸治療は、鍼や灸の刺激により、筋肉を暖めたり、血流を改善させる効果があるとともに、最近では脳の中から痛みを止めてくれる鎮痛物質(痛み止め)が放出される
鍼治療

五十肩の鍼治療

肩の動作により治療部位が異なります①腕を水平上げると肩関節の中が痛い場合は、棘上筋、三角筋②手で反対側の肩をつかむ動作で痛い場合は、棘下筋、肩甲挙筋③腕を後ろに引くような動作で痛い場合は、肩甲下筋、烏口腕筋首の治療と合わせて、上記の部位の治療いたします。
鍼治療

大腰筋に対する鍼治療

大腰筋は上半身と下半身をつなぐインナーマッスルです。よい姿勢を保つ働きもしています。大腰筋が縮み腰を丸めて歩いている人やギックリ腰、腰痛、坐骨神経痛、下肢の冷え性などは大腰筋が悪い場合があります。当店でも下肢の痛みの患者様には、深層筋である大腰筋に鍼治療を行います。
鍼治療

首、肩こりの治療

首、肩こりは、最初に下向き作業が多いなど首の後ろが凝ります。これは頭が下に落ちないように支えなければならず、常に後頚部の筋肉は縮み続けています。後頚部の筋肉が収縮すると、筋肉内の血管は圧迫されっぱなしになり、血の循環が悪くなります。縮みっぱなしになると頭を起こしても、筋肉は収縮したままで力が抜けない状態になってしまいます。こうして筋肉が収縮し神経を締め付けて痛みが出ます。
鍼治療

北京堂浅野式の鍼治療

北京堂式治療の考え方は痛みを感じるのは神経であり、神経を圧迫したり、牽引すれば痛みが出る。神経を圧迫、牽引するのは筋肉である。広範囲に痛みが出ているのは、骨付近にある太い神経幹が圧迫される、骨表面や深部の筋肉を緩めれば、血管や神経の圧迫がなくなり、痛みが解消し筋肉が栄養されて治癒される。