鍼治療

鍼治療

股関節痛の鍼治療

股関節痛は立ち上がりや歩き始め、腰をかけたりするとに脚の付け根に痛みを感じます。その他に鼠径部、太もも、腰、お尻、膝などに痛みを感じる方もおられます。練馬区にて北京堂浅野式の鍼治療で施術致します。
鍼治療

顎関節症の鍼治療

顎関節症の症状は「あごが痛む」「口が開かない」「あごを動かすと音がする」です。あごを動かす筋肉の痛み、顎関節の痛みの治療を鍼施術致します。歯ぎしりや食いしばりストレスなど様々な原因が考えられますが、あごに関わる筋肉に対してアプローチ致します。また顎関節症の方は後頚部の凝りがある方も多く並行して治療をお勧めしています。
鍼治療

慢性疼痛の鍼治療

「痛みは人にとって耐えがたいものです。特に痛みが長時間続く場合は、お薬も効かないことが多く、どう対処すべきかとても困ります。そんなときに役に立つのが鍼灸治療です。鍼灸治療は、鍼や灸の刺激により、筋肉を暖めたり、血流を改善させる効果があるとともに、最近では脳の中から痛みを止めてくれる鎮痛物質(痛み止め)が放出される
鍼治療

五十肩の鍼治療

肩の動作により治療部位が異なります①腕を水平上げると肩関節の中が痛い場合は、棘上筋、三角筋②手で反対側の肩をつかむ動作で痛い場合は、棘下筋、肩甲挙筋③腕を後ろに引くような動作で痛い場合は、肩甲下筋、烏口腕筋首の治療と合わせて、上記の部位の治療いたします。
鍼治療

北京堂浅野式の鍼治療

北京堂式治療の考え方は痛みを感じるのは神経であり、神経を圧迫したり、牽引すれば痛みが出る。神経を圧迫、牽引するのは筋肉である。広範囲に痛みが出ているのは、骨付近にある太い神経幹が圧迫される、骨表面や深部の筋肉を緩めれば、血管や神経の圧迫がなくなり、痛みが解消し筋肉が栄養されて治癒される。