不眠症の鍼治療

鍼治療

鍼治療のあとは良く寝れると患者様からよく伺います。私もそう実感しています。
そんな中、鍼治療での適応は背中や頸が凝っていて精神不安になり、自律神経が乱れて眠れなくなる方が対象です。
頸背部の筋緊張により自律神経節が刺激され、睡眠のリズムが乱れだします。鍼治療は筋肉の血流を改善し、頚背部の筋緊張が緩和が期待できます。治療を重ね、眠れるようになり、生活習慣を整えていくことが大切です。
不眠症の原因は①ストレス②からだの病気③こころの病気④薬や刺激物⑤生活リズムの乱れ⑥環境などあります。睡眠時無呼吸症候群・レストレスレッグス症候群・周期性四肢運動障害・うつ病による不眠や過眠などは専門施設での検査、診断、治療が必要です。(厚生労働省:e-ヘルスネットより)