顎関節症の鍼治療

鍼治療

顎関節症の代表的な症状は「あごが痛む」「口が開かない」「あごを動かすと音がする」です。主に当院ではあごを動かす筋肉の痛み、顎関節の痛みの治療を鍼施術致します。顎関節の中の関節円板のずれや骨の変形は自体の治療はしておりません。歯ぎしりや食いしばりストレスなど様々な原因が考えられますが、あごに関わる筋肉に対してアプローチ致します。また顎関節症の方は後頚部の凝りがある方も多く並行して治療をお勧めしています。